分割払いできる郵送性病検査キット通販

分割払いできる郵送性病検査キット通販サイトをご紹介しています。
性病を放っておくと重症化したり、妊娠・出産にも大きく影響します。体のためにも早期発見・早期治療が大切です。
検査キットは検体を採取し、検査機関へ郵送するだけと簡単。
病院へ行く時間がない方、受診するのに抵抗がある方、病気(性感染症)に対して心当たりがあり不安な方などにおすすめです。

郵送性病検査キット

予防会

送料│無料
支払│クレジットカード、代引き、コンビニ支払い、Pay-easy
発送│翌日~4日程度

クレジットカード│VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners
分割回数│一括払い、分割払い(2回、3回、12回)

自宅で誰にも知られず簡単に検査できる!予防会の性感染症(STD)郵送検査キット。
検査だけでなく治療までしっかりサポートします。
検査キットは3,980円~
各STDについての検査キットもありますが、一度に複数のSTDを検査できるキットが人気です。もちろん匿名検査可能!
検査結果は検査受付後2日~4日を目安にネットで確認できます。
受取方法は「ポスト」「自宅」「クロネコヤマト営業所・センター」から選べます。
15時までにお申し込み・ご入金で当日発送、最短1日でお届け。

【検査項目】
膣トリコモナス症、性器カンジダ症、子宮頸癌・HPV(中高リスク)、尖圭コンジローマ・HPV(低リスク)、咽頭淋菌感染症、咽頭クラミジア、HIV感染症、性器クラミジア、性器淋菌感染症、梅毒、マイコプラズマ・ウレアプラズマ感染症、C型肝炎、B型肝炎、覚せい剤検査、乱用薬物スクリーニング検査

【検査結果】
最短2日後:パソコン、スマートフォン、携帯でサイト上の検査結果ログインページより確認可能

【値段】
女性用:3,480円~/男性用:3,480円~

郵送の性病検査なら予防会


性病検査 STDチェッカー

送料│540円
支払│クレジットカード、代引き、キャリア決済(ドコモケータイ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い)
発送│翌営業日

クレジットカード│VISA、Master、JCB、Amex、Diners
分割回数│一括払い、分割払い (3回、6回、12回)

HIV/エイズやクラミジアなどSTD(性感染症・性病)の検査が自宅で簡単に匿名で受けられる郵送検査キット。
検査項目が26タイプと幅広く、複数の病気を検査できるものが人気です。
郵便局留めも可能。
STDチェッカーの血液検査は「ランセット」という3センチ程度の小さな器具を使用して採血を行います。「まちがって針で指をついてしまった」位のチクッとくる一瞬の痛みなので、それほど怖くはありません。
咽頭の検査は「うがい液検査」を採用し、さらに検査しやすくなっています。
性病予防に必須なコンドームも販売しています。
平日15時までのご注文は当日発送・翌日お届けが可能!
メール便も対応。

【検査項目】
クラミジア、淋菌、HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど)、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、トリコモナス、カンジダ、一般細菌、ヒトパピローマウイルス(悪性型)

【検査結果】
3~5日:パソコン、スマートフォン、携帯でサイト上の検査結果ログインページより確認可能

【値段】
女性用:4,860円~/男性用:4,860円~

性病かも?と思ったら◆性病検査 STDチェッカー◆

郵送性病検査キットについて

性病検査キットとは病院、婦人科、保健所以外で、自分でできる性病検査のキットです。
郵送検査キットを使えば自宅で性感染症(性病)の検査が簡単に行えます。
保健所や病院へ行く時間がない方や受診することに抵抗がある方、病気(性感染症)に対して心当たりがあり不安に思われている方、保険証を使いたくない方、定期的に健康のチェックをされたい方などに利用されています。

郵送検査キットは
●病院と同じくらいの高い検査精度と信頼性
●いつでも自分の都合のいいときに自宅で使える利便性
●匿名でも行えるため誰にも知られず検査が出来る

という点から利用する方が増えています。

性病検査キットは病名や体の症状から選ぶことができます。
単品もありますし、複数の検査がまとめてできる検査キットや、クラミジア、淋菌の咽頭検査キットなどがあります。
近年、性行動の多様化に伴い、咽頭への感染が増加していることから、咽頭の検査を含めたセットが人気です。
もし明確な症状がなければ、検査項目が多いキットを選ぶのもおすすめです。

外からは性病検査キットだとわからない梱包で届けてくれたり、郵便局留め・営業所止めでの受け取りが可能なので安心ですよ。

検査の流れ

検査キットを購入したら、中身が全部揃っているか確認しましょう。
検査方法は、専用の器具を使って検体を採取します。
検査に必要な検体は血液、尿、うがい液、膣分泌液など検査内容によって異なります。
キット内の説明書に詳しく記載されているので間違いのないよう行いましょう。

採取した検体を返信用封筒に入れてポストへ投函します。
あとは検査結果が出るまで待つだけ。
検体を受け取った登録衛生検査所が検査を行います。検査は病院や保健所の検査と同じ精度の検査なので信頼性も安心。

結果は購入したサイトやメール、郵送などで確認することができます。
病院と提携しているサイトもあり、検査後の受診をサポートしてくれるところもあるので安心です。

郵送検査の費用

郵送検査は、通常、病院で検査するときのような手間が一切かからないというメリットがあります。
病院で検査を受ける場合、まずは受診予約が必要になります。
また、病院に行く時間、交通費、待合室で待つ時間など、時間に余裕がないと検査が受けられないことも多く、こういったことから病院での検査をめんどくさく感じてしまい、行かない方も多いようです。

病院へ行った場合、診察代、検査費用、初診料(初めての病院の場合)がかかります。
検査項目(判別できる病気の種類)が多くなると2万~3万円程度になります。
これに診察代も加わります。

郵送性病検査キットを使って自分で検査を行った場合、検査キットの費用だけですみます。
金額は検査項目(判別できる病気の種類)の多さによって異なりますが、1項目のみの検査では大体3000円~、最大の10項目以上の検査では~2万円程度となっています。

郵送検査キットの値段は病院で行う検査よりも安いので、とりあえず検査だけしてみたいという場合にもおすすめです。

性病や性感染症は早期発見・早期治療が大切です。何か症状を感じたら一刻も早く検査を受けるべきです。
性病に気付かずにいると、男女ともに不妊症の原因になったり、妊娠中に感染すると早産や流産につながるリスクも高くなります。
また母親から赤ちゃんに感染する可能性もあり、肺炎や失明の原因になることも。
性感染症(性病)に感染しているとHIV(エイズウイルス)に感染するリスクも通常時の3倍以上とも言われています。

郵送検査は時間に縛られず、いつでも手軽に検査が行えます。
もし病院に行くことをためらっているなら、まずは検査キットを試してみるのもいいと思います。

検査結果が陽性の場合

検査キットで検査後、結果に陽性(+)があった場合は医療機関を受診しましょう。
検査キットは手軽に性病チェックができますが、感染しているかどうか判断することしかできません。
本当に性病に感染していた場合には、病院へ行ってきちんと治療を受ける必要があります。
検査キットは、あくまでも感染の有無を調べるためのものということを理解した上で利用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました